お知らせ

第61回ベルリン国際映画祭のジェネレーション部門、奥田昌輝作『くちゃお』ノミネート

2011年1月24日
くちゃお

奥田昌輝《くちゃお》 2010年

2011年2月に開催される第61回ベルリン国際映画祭のジェネレーション部門で、奥田昌輝さんの短編アニメーション『くちゃお』がノミネートされました。

カンヌ、ベネチアと並び世界3大映画祭の一つ「ベルリン国際映画祭」。ジェネレーション部門は、児童・青少年向けのカテゴリーで、4歳以上が対象で、11人の子供の審査員によって最優秀賞が選ばれる「Generation Kplus」と、14歳以上が対象で7人の子供の審査員によって最優秀賞が選ばれる「Generation 14plus」の2つに分かれており、「くちゃお」は「Kplus」での出品です。

奥田昌輝さんは、「ヨコハマ・アートナビ」(2009年9月号)でも特集した、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻に在籍する作家です。

「ヨコハマ・アートナビ」奥田昌輝さんインタビューはこちら(2009年9月号)

この『くちゃお』は2010年、ひめじ国際短編映画祭にて奨励賞受賞、世界4大アニメーション映画祭の1つであるカナダのオタワ国際アニメーション映画祭Student Animation Competition 部門ノミネート、第二回下北沢映画祭にて準グランプリ、また、スイス最大のアニメーション映画祭FANTOCHEにてNew Talentを受賞、アニマドリードの学生部門、クロク国際アニメーション映画祭の在学中作品部門でグランプリを受賞
しました。

* 奥田昌輝さんの『くちゃお』は、2月19日に横浜市民ギャラリーあざみ野で上映の予定です。上映情報は下記をご覧ください↓


【上映情報】

横浜市民ギャラリーあざみ野

「あざみ野コンテンポラリーvol.1 イメージの手ざわり展」【上映会】※展覧会の一環です

[日 時] 2011年2月19日(土)・2月26日(土)各回14:00~(開場13:30)

[会 場] 横浜市民ギャラリーあざみ野 レクチャールーム

[入場料] 当日200円(高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方および同伴者1名は無料)

[出品作家] 一瀬皓コ、植草航、大川原亮、奥田昌輝、クリハラタカシ、銀木沙織、新海岳人、中田彩郁、早川貴泰、平山志保、横田将士、和田淳、山村浩二

※本上映会では、「ヨコハマ・アートナビ」(情報誌/WEB)で2009年度に連載特集された、山村浩二さんが注目する若手アニメーション作家12名の作品を上映します。

詳しくはこちら

* 「ヨコハマ・アートナビ」アニメーション作家連載特集(バックナンバー)はこちら