お知らせ

サイレント映画を”活弁””パイプオルガン即興演奏”で上映

2011年8月1日
場所 | 横浜市内

岩間市民プラザで「瞼の母」、横浜みなとみらいホールで「奇傑ゾロ」を

この9月、横浜市内のふたつの劇場で、活弁と生演奏という本来のスタイルにより、

サイレント映画の名作が上演されます。

保土ヶ谷区の岩間市民プラザでは、片岡千恵蔵主演「番場の忠太郎 瞼の母」

若手”活弁士”坂本頼光の軽妙な語りで上映。

西区の横浜みなとみらいホールでは、冒険活劇「奇傑ゾロ」

重厚なパイプオルガンの即興演奏で上映します。

雰囲気も大きさも異なる二つの会場、二つの上映方法で、

サイレント時代の名画を見比べてみてはいかがでしょう?


○サイレントシネマ&活弁ワールド 「番場の忠太郎 瞼の母」ほか

【日 程】  9月11日(日)14:00開演(13:30開場)

【場 所】  横浜市岩間市民プラザ

【上映作品】  「番場の忠太郎 瞼の母」 (昭和6年、監督:稲垣浩、原作:長谷川伸)

          ≪同時上映≫ 

          「子宝騒動」 (昭和10年 監督:斎藤寅次郎)

          「のらくろ伍長」 (昭和9年アニメ、原作:田河水泡)

 

【活弁士】  坂本頼光

【料 金】  全席指定 1,500円(当日1,800円)

【お問合せ】  岩間市民プラザ  TEL:045-337-0011


○シネマ×パイプオルガン 「奇傑ゾロ」

【日 程】  9月15日(木)19:00開演(18:20開場)

【場 所】  横浜みなとみらいホール 大ホール

【上映作品】  「奇傑ゾロ」 (1920年米国、監督:F.ニブロ)

【パイプオルガン即興演奏】  ピーター・クラシンスキー

【料 金】  全席指定 1,800円

        学生・障害者手帳をお持ちの方 1,500円

【お問合せ】  横浜みなとみらいホールチケットセンター TEL:045-682-2000