お知らせ

五大路子さん、第46回長谷川伸賞受賞!!

2011年8月9日

横浜発の芝居づくりが評価―「横浜ローザ」を今年も上演!

長谷川伸賞

この度、女優・五大路子さんが第46回の長谷川伸賞を受賞されました。

小説家・劇作家長谷川伸氏を記念し、優れた作家・劇作家、演劇に関わる個人に与えられる「長谷川伸賞」。

今回は、「横浜発の芝居づくりにおける地道な努力と優れた成果」のために五大さんが選ばれました。

その五大さんがライフワークと位置づけ、横浜で演じ続けているのが、ひとり芝居”横浜ローザ”。

かつて横浜に実在した伝説の娼婦、「メリーさん」を演じます。

今年は、8月13日から17日まで、赤レンガ倉庫1号館で開催されます。

横浜ゆかりの賞を受け、五大さんの強い思いが伝わる「横浜ローザ」。

ぜひご来場ください。

五大路子ひとり芝居 横浜ローザ

日時■2011年8月13日(土)~8月17日(水)

    8月13日(土)、16日(火)        19:00開演

    8月14日(日)、15日(月)、17日(水) 14:00開演(開場は開演の30分前)

会場■赤レンガ倉庫1号館 3Fホール 

料金■《一般》[前売]4,200円 [当日]4,500円

    《学生》[前売]2,700円 [当日]3,000円 (※学生券は赤レンガ倉庫でのみの取り扱い)

お問合せ■横浜夢座 TEL:045-661-0623


~長谷川伸氏と横浜~

「瞼の母」「一本刀土俵入」など「股旅物」で人気を博した長谷川伸氏は、横浜出身。

大岡川にかかる長者橋の脇には、「生誕の地碑」などが残ります。

無声映画の名作「番場の忠太郎 瞼の母」(1931年 稲垣浩監督)は、長谷川伸氏の原作です。

保土ヶ谷区の岩間市民プラザでは、9月11日に、この名作を”活弁ライブ”とともに上映します。

こちらもぜひご来場ください。

サイレントシネマ&活弁ワールド
片岡千恵蔵主演「馬場の忠太郎 瞼の母」

日時■2011年9月11日(日) 14:00開演(13:30開場)

会場■岩間市民プラザ・4Fホール

料金■全席指定 1,500円(当日1,800円)

お問合せ■岩間市民プラザ TEL:045-337-0011