お知らせ

<横浜赤レンガ倉庫1号館がプロデュース>株式会社崎陽軒の社員が踊るオリジナルダンス動画が、本⽇より配信スタート!

2018年1月19日

 

ロングバージョンは、こちら。

 

 

株式会社崎陽軒のシウマイ娘の赤い制服が映えます! Photo:菅原康太

株式会社崎陽軒のシウマイ娘の赤い制服が映えます! Photo:菅原康太

 

23年に渡り国際的なダンスフェステイバル「横浜ダンスコレクション」をプロデュースしてきた横浜赤レンガ倉庫1号館が企画するこのプロジェクトは、「横浜からダンスが広がる、ダンスでつながる!」をキーワードに、ダンスを楽しんで劇場を知ってもらうことを目指して取り組んでいます。
企業・地域と劇場が連携して、オリジナルダンス作品を共同制作し、企業プロモーションとなるダンス動画を2018年1月19日(金)よりウェブサイトにて公開をします。

 

劇場である、横浜赤レンガ倉庫1号館の3Fホールが撮影の舞台に。Photo:菅原康太

劇場である、横浜赤レンガ倉庫1号館の3Fホールが撮影の舞台に。Photo:菅原康太

 

プロジェクトパートナーは、横浜を代表する企業であり、2018年4月に創業110周年を迎える「崎陽軒」。社員自らが表現者(ダンサー)として出演し、地域の皆様にダンスをはじめとする文化芸術をより近くで、親しみを持って接していただきたい思いから取り組んだ記念事業。企業として横浜の文化芸術の発展に寄与し、横浜を盛り上げます!

動画は、各ウェブサイトからもチェックできます!

 

横浜⾚レンガ倉庫1号館ウェブサイト:https://akarenga.yafjp.org/event/adp2017/
株式会社崎陽軒ウェブサイト:http://kiyoken.com/

 

【事業名称】 企業・地域と劇場をつなぐ ⾚レンガ・ダンスプロジェクト
【作品タイトル】 「LinK 110th」(読み方:リンク ヒャクジュウ)
【出演】 株式会社崎陽軒社員(33名)
【振付】 DAZZLE
【楽曲】 蓮沼執太
【映像ディレクション】 西野正将
【主催・企画】 横浜⾚レンガ倉庫1号館[公益財団法⼈横浜市芸術⽂化振興財団]
【プロジェクト・パートーナー】 株式会社崎陽軒
【助成】 公益財団法⼈セゾン⽂化財団
【協力】 横浜みなとみらいホール[公益財団法⼈横浜市芸術⽂化振興財団]
象の鼻テラス

 

 

プロジェクトの見どころ

【1】「社員のつながり」と「企業の一体感」を表現! ー国内外で活躍するダンスカンパニーDAZZLE振付によるオリジナルダンスー

横浜ダンスコレクションR2005「ソロ×デュオ・コンペティション+」ファイナリストである長谷川達也が主宰するダンスカンパニーDAZZLEがオリジナルダンスを振付。ストリートダンスとコンテンポラリーダンスを融合した世界感で独自のダンススタイルを生み出し、国内外で数々の賞を受賞するほか、TVやライブの出演・振付やアーティストプロモーション映像、CMなどの振付も手掛け、多方面で活躍するダンスカンパニー。
今回は「社員のつながり」と「企業の一体感」を表現し、思わず踊りだしたくなる振付です。

 

—————————————————————————————————–

ダンスには人と人を繋げる力があります。
一緒に踊る仲間と、そしてそれを観てくれる人と。自分の人生の中で「踊る」という経験を、自ら進んで選んだことはありますか?多くの人は「ない」と答えるのではないでしょうか。
ダンスは、観なくても、ましては踊らなくたって生きていけるから。そして、もっと簡単に手に入る娯楽が今の世の中にはたくさんあるからです。
それでも今回、このプロジェクトを通じて踊ることを選んだ皆さんは、未だかつて経験したことのない想いを胸に抱いたはずです。それは時に苦悩であり、時に快楽となって、自分の心を揺さぶります。そして気がつけば、名前も性格も知らなかった社員の皆さんが、ダンスを通じて目に見えない強い絆で結ばれていきました。
「完成させるのは難しいかもしれない」
練習初日にそう思いました。だけど、その日からは想像もできないほどの成長と、作品の出来栄えに、最後は僕自身、深い感動を覚えました。参加した皆さんと、作品を観てくれる皆さんに、ダンス表現の可能性と、その魅力が伝わったらとても嬉しく思います。

DAZZLE主宰 長谷川達也

 

【2】若手人気音楽家・蓮沼執太のオリジナル楽曲を使用 

国内外でのコンサートをはじめ、映画、演劇、ダンス、音楽プロデュースなど、多方面で活躍するほか、横浜トリエンナーレのライブパフォーマンス、横浜音祭りの体験型プログラムやDance Dance Dance@YOKOHAMAの公演にも携わり、横浜とゆかりのある蓮沼執太。今回はオリジナルダンスのために書き下ろしたオリジナル曲です。自然にみんなが踊ってしまうような、ポップで明るい曲に仕上がりました。

 

 

【3】注目の若手アーティスト・西野正将が映像ディレクション

映像ディレクションは、西野正将。「横浜トリエンナーレ 2005 GANSOMAEDA“FLEA CIRCUS”」や「黄金町バザール2016」へ出品、映像ディレクターを務めた金沢市竪町の動画が公開から1ヶ月で100万再生突破するなどの、いま注目の若手アーティストです。
 映像の演出は、企業の一体感が表現され、崎陽軒本店や横浜工場、また横浜を代表する歴史的建造物であり、劇場やギャラリースペースを備える横浜赤レンガ倉庫が舞台になっています。横浜市の歴史と文化、地域の繋がりを背景に、観る人が「心」も「身体」も踊りだすほど、崎陽軒社員が躍動しています。

公開に先駆けて行われた試写会では、編集の裏話をご紹介。崎陽軒のキャラクターであるひょうちゃんが画面のところどころに登場するので、ひょうちゃんを探せ!といった見方をしても面白いですよ。とお話しされていました。

 

 

【4】崎陽軒の参加社員33名が出演

出演者(ダンサー)は、社内公募により希望者を募りました。「ダンス経験」「性別」「年齢」「部署」を越えて、幅広い社員が参加しました。オリジナルダンスは、企業プロモーションとともに社内交流の一翼を担います。

最初は名前と顔が一致しないような仲だったメンバーも、練習後は周りのメンバーと笑顔で話し合ったり、和気あいあいといった雰囲気に。象の鼻テラスなどで練習を重ね、横浜赤レンガ倉庫1号館のバルコニーでの寒かった撮影などの経験を共にしたからこその結束なのかもしれません。

出来あがった映像作品を観た感想では、自分が踊っている姿を観るのは恥ずかしかったという意見が多く聞かれましたが、働く上で自信や誇りが持てるといったモチベーションアップにつながる意見や、格好よく仕上げてもらったので家族にも見せたいなどと、皆さん満足されている様子でした。踊れるようになると楽しいと、すでに次回の発表の準備に前向きに取り組んでいるその顔は、ダンサーそのものです。

 

広報・マーケティング部:高井さんは、オリジナルダンスの見どころについて、「1人がみんなの前を歩いていき、みんなが次々にポーズを決めるところ。」と、「円になって広がるところが、一体感を感じられるので、それが伝われば。」とお話しされていました。

 

息の合ったパフォーマンス。 Photo:菅原康太

息の合ったパフォーマンス。 Photo:菅原康太

 

 

【5】ダンスを実際に見ることができる 「青空ダンス@横浜⾚レンガ倉庫イベント広場」

2018年2月2日(金)から開催する「横浜ダンスコレクション2018」。無料で多彩なダンス・パフォーマンスをお楽しみいただける「青空ダンス@横浜⾚レンガ倉庫イベント広場」で、崎陽軒の社員によるオリジナルダンス『LinK 110th』を2月11日(日)に発表します。是非、横浜赤レンガ倉庫で実際のダンスをお楽しみください!

 

「青空ダンス@横浜⾚レンガ倉庫イベント広場」(2017年)Photo:Tsukada Yoichi

「青空ダンス@横浜⾚レンガ倉庫イベント広場」(2017年)Photo:Tsukada Yoichi

 

 

詳しい情報は、「横浜ダンスコレクション」のウェブサイト、facebookでお知らせします。

※横浜⾚レンガ倉庫1号館[公益財団法⼈横浜市芸術⽂化振興財団]主催

『横浜ダンスコレクション』 http://yokohama-dance-collection.jp/

『横浜ダンスコレクション Facebook』:https://www.facebook.com/YokohamaDanceCollection/