お知らせ

この春、横浜の「自然」を楽しみに来ませんか?横浜美術館コレクション展「自然を映す」。4月1日(土)は無料!

2017年3月17日

©大野隆介

©大野隆介

 

 

 

小茂田青樹《ポンポンダリヤ》1922 年

小茂田青樹《ポンポンダリヤ》1922 年

 

この春、横浜では第33回全国都市緑化よこはまフェア『歴史と未来の横浜・花と緑の物語を開催します。

「歴史と未来の横浜・花と緑の物語」をテーマに美しい花と緑豊かなまち横浜の実現に向け、横浜美術館前のグランモール公園でも多くの花と緑が楽しめます。

同時に横浜美術館では、「自然を映す」と題し、美術家たちが自然をどう捉え表現してきたかを、横浜美術館のコレクションから約200 点でご紹介します。

身近な切り花をモチーフとするミロなどの作品から、セザンヌや丸山晩霞の風景画、長谷川潔らの版画、安田靫彦ら日本画家による花鳥画、そして、世界が注目する現代美術家・菅木志雄の作品まで、様々な角度から「自然」に向き合う展覧会です。

 

丸山晩霞《題名不詳[夏の山岳風景]》制作年不詳 小島豊氏寄贈(小島烏水旧蔵)

丸山晩霞《題名不詳[夏の山岳風景]》制作年不詳 小島豊氏寄贈(小島烏水旧蔵)

 

展示構成————————————————————-

自然を映す

1.自然に向き合う

2.庭園にみる東西のまなざし

3.植物をみつめる:長谷川潔と駒井哲郎

4.水彩で描く風景

5.現代の表現から

6.現代の表現から:菅木志雄

7.日本画:花鳥風月、共に在り

【写真展示室】 特集展示:写真と絵画―ピクトリアリズムの興

 

 

また、4 月1 日(土)はみなとみらい21地区のさくらフェスタ2017 の開催を記念し、

6 月2 日(金)は横浜の開港記念日を祝し、

どなたでも無料で展覧会をご覧いただけます。

展示室いっぱいに溢れる、アーティストの紡いだ「自然」に、どうぞご注目ください。

[連携協力:第33 回全国都市緑化よこはまフェア実行委員会]

 

 

 


 

横浜美術館コレクション展 「自然を映す」【展覧会概要】

 

会   期:2017 年3 月25 日(土)-6 月25 日(日)

 

観 覧 料:一般500(400)円、大学・高校生300(240)円、中学生100(80)円、小学生以下無料

※( )内は有料20 名以上の団体料金(要事前予約)

※2017 年4 月1 日(土)、6 月2 日(金)は観覧無料

※毎週土曜日は高校生以下無料(要学生証、生徒手帳)

※障がい者手帳をお持ちの方と介護者の方1名は無料

※毎月第3 月曜日は横浜市在住の65 歳以上の方無料(要「濱ともカード」提示)

※企画展ご観覧当日に限り、企画展の観覧券でコレクション展もご覧いただけます。

 

開館時間:10:00~18:00

※2017 年5 月17 日(水)は20:30 まで

※入館は閉館の30 分前まで 休 館 日:木曜日(※5 月4 日(木・祝)は開館)、4 月14 日(金)、5 月8 日(月)

 

主   催:横浜美術館[横浜市芸術文化振興財団] http://yokohama.art.museum