横浜の芸術文化情報のオープンデータ

ヨコハマ・アート・LOD

YOKOHAMA ART LODロゴ

ヨコハマ・アート・LODについて

ヨコハマ・アート・LOD プロジェクトではオープンデータ化を通じて地域の芸術文化の発展に寄与します。

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団では1991年より横浜市内の芸術・文化情報を集めたフリーペーパーを作成配布してきました。
そして、2005年には「ヨコハマ・アートナビ」を開設。ウェブサイトを通じた情報発信をスタートさせました。
現在これらの情報は私たちが独自に手作業で編集して発信しているものですが、この活動を一歩前進させ、Linked Open Data(LOD)を情報流通インフラとして整備することにより、情報の収集、公開、共有という一連のサイクルを効率化することを目指します。
LODによる横浜市内の観光情報、商業施設等の情報や周辺自治体の持つ情報との連係可能性も視野にいれ、さらに、これらのデータをみなさん自身が活用して、より付加価値の高いサービスを創り出していただけることを期待しています。
わたしたちは、芸術文化情報のオープンデータの整備を通じて、地域の芸術・文化の振興に大きく貢献できるものと考えています。

データの利用にあたって

どなたでも、どんな目的でも自由にご利用いただけます。

ヨコハマ・アート・LODでは横浜の芸術文化に関する情報をオープンデータとして公開しています。
すべてのデータはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC BY 4.0)のもとご利用いただけます。
商用、非商用を問わずどなたでも自由に利用することができます。ただし、データを利用する際は原作者のクレジット(ヨコハマ・アート・LOD by 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)を表示するかヨコハマ・アート・LODのロゴマークを掲示したうえで、本ページにリンクしてください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

ヨコハマ・アートLODのロゴマークはこちらからダウンロードいただけます。

SVG形式(77kb)

データ仕様について

提供しているデータ

ヨコハマ・アート・LODでは以下のデータをLinked Open Data (LOD)として公開しています。
個別にXMLやjsonといった一般的なフォーマットで取得が可能な他、API (SPARQL エンドポイント)も提供しています。詳しくは、データ仕様を参照してください。

five star open Web data

http://5stardata.info/ja/

イベントデータ ヨコハマ・アートナビ掲載のイベント情報や横浜市内の展覧会情報などを随時追加公開しています。(約55,000件) 仕様はこちら
場所データ 文化施設や横浜市内のギャラリーの情報など(約280件)
所蔵データ 横浜美術館や大佛次郎記念館の所蔵品目録データ(約11,500件)
作家データ 横浜美術館の所蔵品目録に含まれる作家データや市民ギャラリーあざみ野のデータベースに登録されている作家データ(約1,500件)

旧ドキュメントはこちら

SPARQLエンドポイント

ヨコハマ・アート・LODではSPARQL Endpointも用意しています。
くわしくはヨコハマ・アート・LOD Endpointの使い方をご覧ください。

http://data.yafjp.org/sparql

YAF統合検索

横浜の芸術文化情報の統合アーカイブです。
ヨコハマ・アート・LODを応用しています。

http://data.yafjp.org/artsearch/

利活用事例の紹介

アプリやウェブサイトで活用されています

ヨコハマ・アート・LODの利活用事例を紹介します。
スマホアプリやウェブサイトまで、オープンデータによって、芸術文化情報のアウトリーチが広がっている様子がわかります。
みなさんも、データを利用された場合は、ぜひ、お知らせください。当サイトで紹介させていただきます。

http://yan.yafjp.org/lod-case/