展覧会 [イベントID : 45574]

特別展「聖徳太子信仰―鎌倉仏教の基層と尾道浄土寺の名宝―」

聖徳太子像 尾道・浄土寺所蔵(村上宏治撮影)

鎌倉時代には日本仏教の歴史のなかで重要な役割を果たした聖徳太子への信仰が高まりました。その信仰の担い手となったのは、鎌倉の諸寺院や金沢称名寺で活躍した律僧たちでした。また、広島県尾道市の古刹浄土寺も律僧が活動していた拠点であり、聖徳太子信仰に関する文化財を数多く伝えています。本展示では尾道浄土寺の文化財を中心に出展し、国宝「称名寺聖教」中の聖徳太子信仰に関する資料も合わせてご紹介し、中世の宗教世界の基層をなした律宗と聖徳太子信仰を読み解いていきます。
時間
9:00~16:30(入館は16:00まで)
料金
一般700円(600円)
20歳未満・学生500円(400円)
65歳以上200円(100円)
高校生100円
中学生以下・障がい者の方は無料
休館日
毎週月曜日(祝日は開館し翌火曜日は休館)
10月23日(水)
詳細情報URL
https://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/kanazawa.htm
住所
横浜市金沢区金沢町142 
お問い合わせ

神奈川県立金沢文庫

045-701-9069

情報更新日: 2019/8/6

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。