講座・募集 [イベントID : 40905]

あざみ野カレッジ [現代美術探究ラボ vol.4]続・拡張する表現―「美術」についてもう一度考える 託児

《講座の様子》

現代美術は難しい。だからこそ、調べたり、考えたり、知的な探究がおもしろい。
今日のアートシーンに至るまでの社会的背景を見渡しつつ、より深くより広い視点で現代美術を掘り下げていくシリーズ講座「現代美術探求ラボ」。
作品の鑑賞ポイントにも触れながら、社会構造の変化やテクノロジーの進歩、見る場所/見せる場所と、現代美術との関係を読み解いていきます。
前回に引き続き「作品のカタチ」をテーマに現代の美術を考えていきます。複製可能、または他者によって容易に再現可能にみえる作品が多く制作される現代、アーティストのコンセプト(どのようなプロセスで制作したか)が作品に体現された瞬間=「一回性」も、絵画・彫刻表現と同様に、作品のオリジナリティとして考えられています。この「一回性」をさらに掘り下げるとともに、未来に向けた作品の保管・継承とその問題についても学びます。

〈定員〉高校生以上 40名程度(応募者多数の場合、抽選)
〈申込方法〉講座名、名前(ふりがな)、住所、年齢、電話・FAX番号を明記の上、往復はがき、HP、直接来館のいずれかで申込

〈応募締切〉2018年1月29日(月)必着
時間
10:30~12:30
出演者
【講 師】天野太郎(横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員)
料金
500円 ※初回受講の方は受講料のほかに学生証発行手数料500円が別途必要となります。
詳細情報URL
http://artazamino.jp/series/azamino-college/
住所
横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
お問い合わせ

横浜市民ギャラリーあざみ野

045-910-5656

託児
保育あり(対象年齢:1歳6カ月~未就学児)。 詳細はアートフォーラムあざみ野 子どもの部屋 TEL:045-910-5725まで。

情報更新日: 2018/1/19

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。