展覧会 [イベントID : 39607]

企画展「大塚・歳勝土遺跡公園開園20年 三殿台考古館開館50年 横浜に稲作がやってきた!?」

弥生時代中期後葉の土器(港北ニュータウン遺跡郡出土)

稲作の開始は、日本の歴史を区切る大きな出来事だと考えられてきました。
展示では、横浜市域において本格的に稲作が始まった時期である弥生時代中期後葉に焦点を当て、土器研究や植物考古学などの最新の研究成果をご紹介します。
時間
9:00~17:00(発券は16:30まで)
料金
一般300円、大学生・高校生 200円、中学・小学生100円(予定)
休館日
月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始
詳細情報URL
http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/
住所
横浜市都筑区中川中央1-18-1
お問い合わせ

横浜市歴史博物館

045-912-7777

情報更新日: 2017/8/21

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。