古典芸能 [イベントID : 39018]

山田検校没後200年 横浜能楽堂企画公演 「芸の縁 山田流と宝生流」

  • 横浜能楽堂
  • 2017年9月18日 (月)(このイベントは終了しました)

能「楊貴妃」髙橋章 撮影:亀田邦平

[新作]箏曲「小町」、「長恨歌曲」、能「楊貴妃 玉簾」

2017年は筝曲の二大流派の一つ山田流の祖・山田検校が没して200年の節目の年に当たります。
宝生流の能役者の子と言われている山田検校は、作曲した作品の多くが能の曲と関わりがあります。今回の催しでは山田検校の作品から「長恨歌曲」を人間国宝の山勢松韻が演奏。モチーフを同じくする能「楊貴妃」を宝生流の武田孝史が演じます。また能の「小町物」を題材に萩岡松韻が新たに創作した曲で宝生和英が舞います。
時間
14時~17時
出演者
[新作]箏曲「小町」萩岡松韻 舞:宝生和英
箏曲「長恨歌曲」(山田流)山勢松韻
能「楊貴妃 玉簾」(宝生流)武田孝史
料金
全席指定 S7,000円、A6,000円、B5,000円
チケット発売6月10日(土)正午から(初日は電話・webのみ)
休館日
施設点検日、年末年始
詳細情報URL
http://www.ynt.yaf.or.jp
住所
横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
お問い合わせ

横浜能楽堂

045-263-3055

nougaku@yaf.or.jp

情報更新日: 2017/10/3

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。