音楽 [イベントID : 36498]

お話しとチェンバロ演奏で味わう ~バロックの描写的音楽~

  • 山手111番館
  • 2016年11月6日 (日)(このイベントは終了しました)
横浜山手の洋館で、古楽器によるひとときを楽しみませんか。
バロック時代に王侯貴族の楽器として愛好されたチェンバロ。
木のぬくもりを感じる古楽器の響きをお楽しみいただきます。
バロック音楽の標題音楽といえば
ヴィヴァルディの四季(春~冬の情景を表す詩と音楽)があまりに有名ですが、
他にも味わい深い標題音楽や描写的な音楽が数多く残されています。
今回はチェンバロ奏者寺村朋子さんをお招きし、
チェンバロのために作曲された標題音楽(描写音楽)を、歴史の香りの溢れる山手111番館の親密な空間で、標題とその描写をする音楽をご一緒に味わいます。
休憩時間には、ワインとオードブルのサービスも楽しめるサロンコンサート。
どうぞお早目にお申込みください。お待ちしております。

定員:35名
申し込み:10月11日(火)午前10時より山手111番館に電話または、
直接来館にて受け付けます。
時間
18時開演(17時30分開場)
出演者
寺村朋子(Cemb)
料金
料金 2,500円(飲食付)
詳細情報URL
http://www.geocities.jp/yamatebarocco/
お問い合わせ

山手111番館

045-623-2957

情報更新日: 2016/7/12

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。