展覧会 [イベントID : 35934]

企画展「絵本作家・西村繁男の世界展 やこうれっしゃで出発!」

絵本作家・西村繁男(1947~、神奈川県相模原市在住)は、1974年に『くずのはやまのきつね』(大友康夫文)の絵を担当してデビューしました。その後発表した『おふろやさん』『やこうれっしゃ』は、精密な観察をもとに人びとの日常の姿を描いた〈文字のない絵本〉ですが、豊かな物語性も内包する作品は子どもだけでなく大人たちも魅了し、長く読み継がれています。さらに『絵で見る日本の歴史』や、『絵で読む広島の原爆』(那須正幹文)などの社会性を持つ作品や、『がたごと がたごと』『おばけでんしゃ」『ようちえんがばけますよ』(いずれも内田麟太郎文)など、子どもの想像力をかきたてるナンセンスな絵本も手がけ、その世界は多様性に溢れています。

本展では、こうした作品群を、絵本、原画をはじめ、取材手帳、ラフスケッチなどの資料をまじえジャンル別に紹介します。主な絵本の背景となる〈昭和〉という時代も顧みられるような楽しい展示をめざします。

 

※同時開催=常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち 第2部 芥川龍之介から中島敦まで」

時間
9時30分~17時
料金
一般400円(300円)、65歳以上/20歳未満及び学生200円(150円)、高校生100円、中学生以下無料*( )内は20名以上の団体料金
※東日本大震災の罹災証明書、被災証明書等の提示で無料
休館日
月曜、年末年始
詳細情報URL
http://www.kanabun.or.jp/exhibition/4691/
住所
横浜市中区山手町110
お問い合わせ

会場

045-622-6666

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。