展覧会 [イベントID : 34998]

ハマの大地を創る-吉田新田から近代都市へ-

  • 横浜開港資料館
  • 2016年4月15日 (金) - 2016年7月18日 (月)(このイベントは終了しました)

「新鐫横浜全図」 明治3年(1870) 横浜開港資料館蔵

横浜市域の中心部は、かつて元町から北へと伸びる横浜村の砂州と、それによって東京湾と区切られていた入海でしたが、江戸時代の新田開発により耕地へと変わります。この入海の陸地化が開港場の建設と都市域の拡大を準備したことになります。  本企画展では、こうした17世紀半ばから明治初年までの約200年間にわたる入海→新田→近代都市という横浜都心部の景観の変貌について、その起点となった吉田新田の開発を中心に紹介します。
時間
9時30分~17時(入館は16時30分まで)、水曜(祝日除く)は19時(入館は18時30分まで)
料金
200円、小中学生100円(土曜日は小中高校生は無料)
休館日
月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始、資料整理日
詳細情報URL
http://www.kaikou.city.yokohama.jp/
住所
横浜市中区日本大通3
お問い合わせ

会場

045-201-2100

情報更新日: 2016/2/15

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。