講座・募集 [イベントID : 34785]

東京藝術大学大学院映像研究科によるこどものためのシアター 「映像で理解できること」-ピタゴラスイッチから、考えるカラスまで-

文章や数式だけでは、難しくて分からないことも、映像を使うとよく分かることが多いでしょう。しかし、どんな映像でも良いかというとそんなことはありません。 NHK Eテレで、子どもたちの「考え方」を育てる幼児向け番組「ピタゴラスイッチ」や科学番組「考えるカラス」などを企画・制作する佐藤雅彦先生は、科学を正しく理解してもらうために、映像を用いて様々な工夫をしています。 このたび、横浜市内の高校生を対象として、『ピタゴラスイッチ』や『考えるカラス』、『0655・2355』などの教育映像を例として、科学を面白くするような映像表現を解説します。
時間
14時~15時30分
出演者
〈講師〉
 佐藤雅彦(東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻 教授)〈主催〉
 東京藝術大学大学院映像研究科 横浜市文化観光局
料金
入場無料 ※要予約
詳細情報URL
http://www.fm.geidai.ac.jp/news/2533
住所
横浜市中区本町4-44
お問い合わせ

東京藝術大学大学院映像研究科 久保田

050-5525-2709

情報更新日: 2016/1/21

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。