展覧会 [イベントID : 34323]

テーマ展「牧と調教」

  • 馬の博物館
  • 2015年12月12日 (土) - 2016年1月31日 (日)(このイベントは終了しました)

江戸時代以前、馬を生産する場所は牧と呼ばれています。牧は、山林や台地などを土塁・堀で囲い込む程度の施設で、その中に馬を放していました。つまり、当時の馬は自然放牧の中で暮らしているのであって、現在のようにきちんと管理されているのではありませんでした。そして、初夏になると数え年5歳ぐらいの馬を牧から出して、調教を開始しました。牧の跡地は、現在あまり残ってはいません。しかし、牧の馬を描いた絵画は「牧馬図」といい、武家の御殿や屋敷を飾るジャンルとして求められました。今回の展示は、牧馬図をはじめとする絵画や版画や、近代以前に行われた調教 の様子を知ることができる絵画・古文書・調教用具などを展示します。
時間
10時~16時30分
休館日
月曜 ※祝日、振替休日を除く
詳細情報URL
http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/
住所
横浜市中区根岸台1-3
お問い合わせ

会場

045-662-7581

情報更新日: 2015/11/26

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。