音楽 [イベントID : 33983]

開港記念会館で味わう宗教曲とオペラ~情熱のイタリア・バロック~

バロック時代、イタリアは音楽の先進国として君臨していました。オペラを生み出し、ヴァイオリンソナタなどの器楽曲を発展させ、他のヨーロッパ諸国をリードしていきました。コンサートではバロック初期の宗教曲からスタートし、バッハが筆写したコンティのラテン語のカンタータ、そして洗練された器楽曲と共に、バロック時代屈指の3人の作曲家のオペラから名場面をお聴きいただきます。大好評をいただいたバロックオペラに続き、歴史的建造物である開港記念会館で、歌と当時の様式の器楽アンサンブルの組み合わせで味わいます。どうぞ、皆様お誘いあわせ、お越しいただけますようお願い申し上げます。
〈曲〉フレスコバルディ:天使が羊飼いたちに言った、フランドルの旋律に基づくカプリッチョ、ヴィヴァルディ:「栄光は父と子と聖霊に」、コンティ:カンタータ「わが魂は病み」、モンテヴェルディ:サルヴェ・レジーナ、「オルフェーオ」より、他
時間
14時
出演者
木島千夏(Sop)、辻康介(Ten)、小野萬里(バロックVn)、櫻井茂(Gamb)、寺村朋子(Cemb)
アンサンブル山手バロッコ:曽禰寛純(フラウト・トラヴェルソ)、角田幹夫、原田純子(バロックVn、バロックVa)
料金
全席自由 3,000円(前売り・予約2,500円)
※前売り予約はメールにて受け付けます。コンサート名、予約人数のご連絡をお願いします。
休館日
第4月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始
詳細情報URL
http://www.geocities.co.jp/yamatebarocco/
住所
横浜市中区本町1-6
お問い合わせ

アンサンブル山手バロッコ 曽禰

esyamasemi@yahoo.co.jp

情報更新日: 2015/10/8

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。