古典芸能 [イベントID : 33656]

人形浄瑠璃「文楽」

人形浄瑠璃「文楽」とは、物語を語る「太夫」情景を音で表現する「三味線」一体の人形を三人で遣う「人形」この『三業』が一つとなり、舞台から客席へ感動をお届けする世界に誇る、わが国の代表的な伝統芸能です。 文楽の解説やあらすじを出演者がわかりやすくお話しし、みどころをお伝えする時間もあるので、はじめての方にもお楽しみいただけます。
〈昼の部〉「団子売(だんごうり)」「心中(しんじゅう)天網(てんのあみ)島(じま)」天満紙(てんまかみ)屋内(やうち)の段・大和屋(やまとや)の段 道行(みちゆき)名残りの橋づくし
〈夜の部〉「絵本(えほん)太(たい)功記(こうき)」夕顔(ゆうがお)棚(だな)の段・尼ヶ崎(あまがさき)の段、「日(ひ)高川(だかがわ)入相(いりあい)花王(ざくら)」渡し場の段
時間
13時、17時
出演者
太夫:豊竹咲大夫、 三味線:鶴澤清治(人間国宝)、 人形:桐竹勘十郎・吉田玉女改め吉田玉男、他
料金
全席指定 A3,200円、B2,500円、C1,500円、学生1,000円
詳細情報URL
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531320/p811343.html
住所
横浜市西区紅葉ケ丘9-1
お問い合わせ

会場(舞台芸術課)

045-263-4475

情報更新日: 2015/9/3

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。