展覧会 [イベントID : 31618]

没後50年 谷崎潤一郎展-絢爛たる物語世界-

谷崎潤一郎(1886~1965)は1910年(明治43)、「刺青」「麒麟」などを発表。 その耽美的な作品で、自然主義が隆盛を極めていた当時の文壇に大きな衝撃を与えました。 以後、79歳で世を去るまで独自の文学を展開。「痴人の愛」「春琴抄」「細雪」など、完璧に構築された物語は、日本のみならず海外でも多くの人びとを魅了しています。 没後50年を記念して開催する本展では、先ごろ発表された、谷崎の『永遠女性』―妻・松子へあてた膨大な書簡などの新資料を中心に、芸術に生涯を捧げた文豪の足跡をたどります。
時間
9時30分~17時(入場は16時30分まで)
料金
400円、65歳以上・20歳未満・学生200円、高校生100円、中学生以下無料※東日本大震災の罹災証明書、被災証明書等の提示で無料
休館日
月曜日(祝日の場合は開館)
詳細情報URL
http://www.kanabun.or.jp
住所
横浜市中区山手町110
お問い合わせ

会場

045-622-6666

情報更新日: 2015/1/29

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。