[イベントID : 31511]

18世紀ウィーンの響きで味わう ピアノと管楽のための五重奏の夕べ

  • サルビアホール 音楽ホール
  • 2015年4月30日 (木)(このイベントは終了しました)

【18世紀末ウィーンの聴衆が聴いた音は…】18世紀末、それまでのチェンバロにかわって、奏者のタッチによって音の強弱に変化を付けることができる「フォルテピアノ」がさかんに使われるようになりました。モーツァルトとベートーヴェンが当時としてはユニークな楽器の組み合わせで作曲した2つの名曲を、当時のままのスタイルの楽器(ピリオド楽器)で演奏します。軽やかでニュアンスにとんだピリオド楽器の響きを、素晴らしい音響のサルビア音楽ホールでお楽しみください。
〈曲〉W.A.モーツァルト:ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 K.452、L.v.ベートーヴェン:ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 作品16、他
時間
19時
出演者
崎川晶子(F・Pf)、大山有里子(Ob)、山根孝司(Cl)、慶野未来(Hr)、永谷陽子(Fg)
料金
全席自由 前売券3,500円 当日券4,000円
詳細情報URL
http://blog.livedoor.jp/klangredeconcert/archives/42202301.html
住所
横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2
お問い合わせ

クラングレーデ コンサート事務局

045-982-3201

concert@zav.att.ne.jp

情報更新日: 2015/1/23

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。