展覧会 [イベントID : 30623]

企画展「日本の海の玄関 大さん橋物語」

1894(明治27)年に完成した大さん橋は、今年で120周年。横浜港で最も歴史のある埠頭です。日本の海の玄関として、貿易だけでなく、夏目漱石やチャップリンらが旅立ち、海外との交流の窓口としての役割も果してきました。今回の展示では、建設の経緯から建設、拡張、関東大震災と復旧、客船黄金期、接収、東京オリンピック、そして現在のクルーズ時代と、時代とともに姿を変えてきた大さん橋を、築港図や大さん橋模型、写真、資料など約250点で紹介します。あわせて、市民から募集した大さん橋とのかかわりや思い出の写真、記念の品も展示します。
時間
10時~17時(入館は16時30分まで)
料金
高校生以上200円、小・中学生・65歳以上100円※博物館常設展示室・帆船日本丸の通常の入館料(高校生以上600円、小・中学生・65歳以上300円)でご見学できます。毎週土曜日は小学生・中学生・高校生の入館が無料です。
休館日
月曜日(10/13、11/3・24を除く)、11/4(火)
詳細情報URL
http://www.nippon-maru.or.jp/
住所
横浜市西区みなとみらい2-1-1
お問い合わせ

帆船日本丸記念財団・JTBコーポレートセールス共同事業体

045-221-0280

情報更新日: 2014/11/28

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。