イベント [イベントID : 30380]

映像プログラム[C] からだとことば-日本アンダーグラウンド

横浜美術館所蔵フィルム、本展参加作家やアーティスティック・ディレクター森村泰昌の映像作品など、計33タイトルを8日間・10プログラムで上映します。
〈からだとことば-日本アンダーグラウンド〉(5作品・119分)アメリカのアンダーグラウンド映画をはじめ、シュルレアリスム、パフォーマンス、文学、そして当時の社会情勢などのエッセンスを融合させ独自の展開を示した60年代日本の実験映画。身体と言葉を媒体として政治的メッセージやエロスを隠喩的・象徴的に表現した5作品を上映。
〈上映作品〉谷川俊太郎+武満徹《X(ルビ:バツ)》1960年/15分/16mm、細江英公《へそと原爆》1960年/14分/16mm、日本大学芸術学部新映画研究会製作/足立正生監督《鎖陰》1962年/54分/16mm、藤野一友+大林宣彦《喰べた人》1963年/23分/16mm、原將人《おかしさに彩られた悲しみのバラード》1968年/13分/16mm

横浜美術館所蔵フィルム、本展参加作家やアーティスティック・ディレクター森村泰昌の映像作品など、計33タイトルを8日間・10プログラムで上映します。

 

からだとことば-日本アンダーグラウンド(5作品・119分)

アメリカのアンダーグラウンド映画をはじめ、シュルレアリスム、パフォーマンス、文学、そして当時の社会情勢などのエッセンスを融合させ独自の展開を示した60年代日本の実験映画。身体と言葉を媒体として政治的メッセージやエロスを隠喩的・象徴的に表現した5作品を上映。

 

■谷川俊太郎+武満徹《X(ルビ:バツ)》1960年/15分/16mm

■細江英公《へそと原爆》1960年/14分/16mm

■日本大学芸術学部新映画研究会製作/足立正生監督《鎖陰》1962年/54分/16mm

■藤野一友+大林宣彦《喰べた人》1963年/23分/16mm

■原將人《おかしさに彩られた悲しみのバラード》1968年/13分/16mm

時間
13時30分(開場13時10分)
料金
無料※当日先着(200名)
休館日
第1・第3木曜日
詳細情報URL
http://www.yokohamatriennale.jp/2014/
住所
横浜市西区みなとみらい3-4-1
お問い合わせ

横浜トリエンナーレ組織委員会

045-663-7232

info@yokohamatriennale.jp

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。