ギャラリー [イベントID : 28331]

金昌永展

金昌永氏は1957年韓国大邱市に生まれ、82年に来日後、斉藤義重氏に出会い、砂を用いた作品の制作を始めます。キャンバスの上に韓国の黄土を糊付けし、そこに油彩で絵を描く手法の作品で、実と虚の混在する幻想的な世界を表現し続けてきました。この度、ミュージアムとギャラリー合わせて約36点の作品を一同に展示予定です。今回のコンセプトは『消え去るものへの思い、存在への執着、砂の上の人の痕跡は、自然と対峙する人間の営みであり、移ろいやすい人のドラマのようだ。砂面の上に油彩画で人の痕跡を描く、画面上の砂、絵の半分は実体である。実体と虚構が絵の中に同時混在する。視覚が把握する虚構と、触れることの実体感、その複合による相互効果をもってリアリズムを追求する。眼は錯覚を克服し、イリュージョンを越え、どこまで実体を追えるのか。その不確実性を今は楽しんでいる。子供の頃、砂場で遊んだように。』金昌永
時間
10時〜19時
料金
無料
休館日
月曜
詳細情報URL
http://f-e-i.jp/
住所
横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
お問い合わせ

会場

045-411-5031

artmuseum@fukasaku.jp

情報更新日: 2014/3/17

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。