展覧会 [イベントID : 28205]

特別展「中世密教と〈玉体安穏〉の祈り」

日本中世の密教においては、「玉体」(天皇の御身体)を守護し、その健康を祈ることが、天下泰平・国家安穏の祈祷につらなる重要な儀礼となっていました。本展覧会では、この「玉体安穏」(ぎょくたいあんのん)を目的とした「後七日御修法」(ごしちにちのみしほ)や「仁寿殿観音供」(じじゅうでんかんのんぐ)といった密教儀礼、 また、天皇を密教により守護する作法などに注目します。 そして、これらの儀礼世界を、両界曼荼羅をはじめとする仏画や、道場の指図を交えつつ紹介し、寺院史料をひも解きながら、その背景にある思想を探ります。あわせて、重要文化財「後醍醐天皇像」(清浄光寺蔵)や、後醍醐天皇のため密教の祈祷を行った文観の関係資料を通して、後醍醐天皇と密教の関わりにも注目します。
時間
9時〜16時30分(入館は閉館の30分前まで)
料金
400、20歳未満・学生250、65歳以上・高校生100※中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方は無料
休館日
月曜(祝日の場合は開館)
詳細情報URL
http://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/kanazawa.htm
住所
横浜市金沢区金沢町142
お問い合わせ

会場

045-701-9069

情報更新日: 2014/2/13

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。