展覧会 [イベントID : 27736]

特別陳列 眞葛焼―田邊哲人コレクションと館蔵の名品―

眞葛焼は、開港後まもない横浜で、後に帝室技芸員となり明治の陶芸界を牽引することになる宮川香山によって始められたやきものです。京都の陶工として成長した初代香山は、明治時代以前から培われてきた陶磁技術を背景に、横浜に移住して後は西洋文化を吸収して新たな美を生みだし、眞葛焼を万国博覧会など世界でも認められる洗練されたやきものに育て上げました。近年特に注目をあびる眞葛焼。かながわで作られた陶磁器として、当館では昭和42年の開館以来、その収集と調査研究展示につとめてきました。また、近代陶磁の研究家・蒐集家として有名な田邊哲人氏から眞葛焼の中でも輸出陶磁として絶賛された高浮彫作品の寄託を受け、常設展示等で公開をおこなっています。本展覧会では、当館寄託の田邊哲人コレクションを中心に、館蔵資料の中から名品を加え、横浜に花開いたやきもの・眞葛焼の魅力をご覧いただきます。
時間
9時30分〜17時(入館は閉館30分前まで) 
料金
300、20歳未満・学生200、65歳以上・高校生100、中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方は無料
休館日
月曜(祝日の場合は開館)
詳細情報URL
http://ch.kanagawa-museum.jp/
住所
横浜市中区南仲通5-60
お問い合わせ

会場

045-201-0926

情報更新日: 2013/12/20

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。