映像 [イベントID : 22978]

OPEN TRADITION「ANIMATION×映像世紀」開拓者は走り続ける―東京藝術大学昭和32年度卒業生を迎えて―

第2回目となる今回は、講師に図案科(現デザイン科)出身である島村達雄氏をお迎えする。卒業後グラフィックデザイン全盛の時代にさらに新しいステージとして映像業界を選んだ島村氏はデザインと映像の融合を目指し、その表現自体の開発と共にモーションコントロール撮影システムの開発や、才能育成、スタジオや組織を「創造」しながら、70年代以降つねに時代の最前線をつき進んできたプロフェッショナル映像集団「白組」の代表者でもある。一方で作品「幻影都市」(草月アニメーションフェスティバル受賞)はじめ、現在にいたるまで映像作家として意欲的に作品制作を続け、さらには映画「ALWAYS三丁目の夕日」等でプロデューサーとしての側面も見せる島村氏に、制作エピソードや、映像とアニメーションに対する独自の視点などについてお話をうかがう。
時間
15時
出演者
〈出〉島村達雄(講師)、粟飯原君江(サポート登壇)、伊藤有壱(企画・進行)
料金
無料
詳細情報URL
http://animation.geidai.ac.jp/open2012/
住所
横浜市中区本町4-44
お問い合わせ

東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻

050-5525-2676 (開催当日13時〜18時まで)

open2012@animation.geidai.ac.jp

情報更新日: 2012/12/21

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。