展覧会 [イベントID : 22665]

企画展「法華経の世界」

「法華経」は、日本で最も親しまれている仏教経典です。日本最古の法華経研究書は、伝聖徳太子「三経義疏」のうちの一つである『法華経義疏』ですし、聖武天皇の国分寺国分尼寺建立の詔勅は、国分尼寺を「法華滅罪」の寺と位置付け、空海の『法華経開題』は多くの写本が残り、最澄は法華経を研究する天台教学を学ぶべく唐へ渡りました。また、法然、道元、栄西、日蓮等、今日存続する日本の仏教教団の宗祖は天台宗で仏教の基礎を学んだ僧侶達です。では、「法華経」には、いったい何が書かれており、どのような歴史を持ち、なぜ私たちが身近に感じるにいたったのでしょうか。本展示では、「法華経」に関わる様々な文化財を通して、「法華経」の広くて深い世界の一端を紹介します。
時間
9時〜16時30分(入館は閉館の30分前まで)
料金
250、20歳未満・学生150、65歳以上・高校生100、中学生以下・障がい者の方無料
休館日
月曜(祝日の場合は開館)、2/12(火)〜14(木)
詳細情報URL
http://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/kanazawa.htm
住所
横浜市金沢区金沢町142
お問い合わせ

会場

045-701-9069

情報更新日: 2013/2/25

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。